復縁の鑑定は電話占いに依存しやすいからこそ意識しておきたい3つの事

復縁の電話占い

復縁活動のために電話占いサービスを利用する。

復縁を成功させるためには効果的な方法です。

復縁の成功確率を大きく跳ね上げる事に繋がりますが、中には復縁活動は長丁場になることがあります。

数日や数週間で復縁できるケースもありますが、多くの復縁が数カ月、数年となる事が多いので、その期間内に何度も電話占いサービスを利用しているうちに、それが電話占い依存症という傾向を引き起こす事があります。

電話占いに依存するということ

辛いな・・・本当に復縁できるのかな?」
そう思った時に気付けば電話占いを利用している。

それはもう電話占い依存の始まりかもしれません。

依存症というものの多くの場合は、その自覚がないため、気づいた時には相当進行しています。

電話占い依存も同じで、辛いと思った瞬間に無意識にに電話占いを利用していて、気づけば、数十万円の支払いが発生していたという事も珍しくありません。

そのような電話占いの依存症状に陥らないために、次のような事を意識して利用する事をオススメします。

電話占い依存になる前に意識してみて欲しい3つのこと

電話占いに依存する前に、次のような事を意識しながら利用して見る事をオススメします。

鑑定結果はスグには変わらない

今日の鑑定と明日の鑑定が大きく変わる事はありません。
全く変化がないとまでは言いませんが、画期的で劇的な変化が起きる事は先ずありません。

特に命占のような、生まれ持ったものを見る鑑定の場合、何度見ても結果は同じですしね。

予算を決める

電話占いを利用する際に、その予算を決めてみてください。

例えば毎月5,000円と決めて利用する。
1分200円の先生なら25分の鑑定をお願いできますので、その月1回の25分の鑑定では何を見てもらうのかを事前にシッカリと考える。

予算を決めて利用するだけでも、そこで一度ブレーキをかける事ができますので、使いすぎないようにする効果が期待できますよ。

記録する

占いをお願いする前には相談内容を、占って頂いた後には鑑定結果を全て書き出すように意識してみる事もオススメします。

そして、折に触れてそれを読み返してみてください。

鑑定をして頂いた感覚を味わう事ができますよ。

電話占い依存症かな・・・と感じたのなら

もし、もうすでに電話占い依存症かもしれないな・・・と感じた場合、その治療に専念する事をオススメします。

今は依存症治療の機関が豊富にありますので、一度、そのような機関を頼ってみてください。

電話占いと良い距離感を

復縁活動は精神的に本当に辛いモノです。
あと一押しで崩れ落ちそうになるほど不安になる瞬間が何度もあります。

だからこそ、そんな時に安心感をたっぷりと味わえる電話占いの存在に依存したくなる気持ちもわかりますし、依存したとしても、責める事はできません。

人間、そんなに強くできてませんからね。

でも、料金が必要なサービスですから程よい感じで抑えていないと、金銭的に大きなダメージを受けてしまいます。

上手に良い距離感で利用するためにも、まずは自分に出来る範囲で、依存しすぎないような仕組みづくりに取り組む事をオススメします。