スポンサーリンク

復縁したい元カレが謝罪してくる時の4つのパターンと3つの対応

元カレの気持ち

元彼が謝罪をしてきた。「なぜ・・・?」

そんな疑問が絶えないあなた。

復縁したいと思っているからトキメキもするけど、なぜか素直に喜べない。

元彼の本心は一体なんだろう?
そして、どう行動を取れば復縁に近づくのか。

あなたが今取るべき行動を決断する一助にしてみてください。

スポンサーリンク

元彼の謝罪から考えられる4つのパターン

元彼が謝罪をしてくる理由は、あなたとの関係性を見直したいという意思表示である事は間違いありません。

そして、今の心理状態から考えられるケースを表にすると以下のようになります。

許したという意志表示許してほしいという
意志表示
復縁の意志がある
復縁の意志がない

今のあなたと元カレさんの関係性が僕にはわかりませんので、全てケースについて考えうる事を書いていきたいと思います。

復縁の意志の有無

元カレさんの中で復縁の意志があるのかないのか。

ハッキリと元カレさんの口から「やり直そう」という意志表示があったのなら別ですが、今の段階ではその判断が難しいかもしれません。

この復縁の意志の有無で、謝罪の理由は変わってきます。

許す側か許される側か

元カレさんがあなたを許す側なのか、それとも元カレさんをあなたが許す側なのか。

これによって謝罪の意図が変わってきます。

例えば、元カレさんが浮気をした事が原因で別れたのなら、その謝罪は浮気をして傷つけたことも含めての謝罪ですし、許すのは彼女側です。

でも、逆のケースなら、彼女を元カレさんが許す側になりますが、この場合は、反省している姿を見聞きして、「もういいよ、分かったから」という意味での謝罪になります。

A 復縁の意志があり許してほしい

最も理想的な謝罪のパターンの1つですよね。

あなたと復縁がしたいと思っていて、そのためにはあなたの許しが必要だから、謝っている。

もちろん、許すのか許さないのかはあなた次第ではありますし、様子を見たほうが良い場合もあります。

ただ、復縁というゴールに向けて大きな前進である事は間違いありません。

B 許してほしいが復縁の意志はない

あなたに許して欲しいとは思っているが、復縁の意志はないというケースもあります。

多くの場合、このケースは他の理由があり、男の動機として最も強く、意外と多いのが下心です。
不愉快でムカムカする動機だと思いますが、意外と多い動機の一つです。

また、純粋に、過去の過ちを申し訳ないと感じて謝っているケースもこれに該当します。

C 復縁の意志はあるし、あなたを許したという意味での謝罪

復縁の意志はある。
そして、別れた事であなたに迷惑をかけたり、苦しめてしまった事に対してという意味での謝罪です。

こちらも復縁に大きく前進します。

例えば、女性の浮気が原因で別れた場合などは、これがキッカケで一気に復縁へと進む可能性はあります。

D 復縁の意志はないが、もう許しているという意志表示

復縁の意志はないが、あなたの事をもう許しているよという意志表示です。

色々とあって別れてしまったけど、今思えば、自分も至らなかった・・・ごめんなという意味での謝罪などが、ここに含まれます。

お互いに過去から一歩踏み出そうよというメッセージのある謝罪です。

元カレからの謝罪に対してあなたが取れる3つの態度

元カレさんからの謝罪。

その元カレさんからの謝罪を復縁という形につなげたいと思われているなら、謝罪の意図を確かめる事が大切だという事はもうお分かりだと思います。

復縁の意志があるのなら、そのまま一歩踏み出しても良いと思いますが、下心での謝罪なら受け容れないほうが、あなたのためです。

また、元カレさんに復縁の意志がないのなら、その謝罪から一気に復縁という展開はまずありませんので、関係を構築する事に軸足を置くほうが良いかもしれません。

いずれにしても、元カレさんの謝罪の意図次第であなたが取れる態度は次のように変わるはずです。

保留する

元カレさんの謝罪を受けて、それを許すのかどうするのかは、一端時間を置いてから返答をするという態度です。

もし、元カレさんが本気で許して欲しいと思うのなら、あなたが保留したいと言っても受け容れてくれます。
あなたを大切に思うのなら、あなたの意志を尊重してくれるはずです。

イマイチ真意を読み切れない時には、保留するという態度を取ってみることをオススメします。

受け容れる

今ここで謝罪を受け容れないと、もう話す機会がないかもしれない。
謝罪を通して十分に本気である事は伝わったし、許したい。

そう思われるなら、謝罪を受け容れてみるというのも1つの態度です。
この場合、謝罪を受け容れた後の次の行動がカギを握ります。

その勢いで体の関係を持ってしまうと、そこからズルズルと変な関係性になる事があります。

謝罪を受け容れるのなら、その後のことも考えた上で受け容れる事をオススメします。

拒絶する

いざ謝罪されてみて、自分の中では元カレを許せないと思っている事に気付いた。
そのような時は、元カレからの謝罪を拒絶しても良いと思います。

実は復縁をしたいと思っている方の中には、少なからず復讐心からそう思われている方がいます。いわゆる「見返したい」という感情です。

元カレからの謝罪を受けて「見返したい」という復讐心が満たされて、そこで「復縁なんて考えてなかったのかも」と気づく事があります。

このような時は、拒絶してあげましょう。

「謝罪してくれた事は嬉しいが、これ以上関わりは持ちたくない」とハッキリ伝えてあげるのも、優しさです。

元カレさんの謝罪の勇気は受け取ってあげてください

元カレさんの謝罪の真意を知りたい。

その思いはよく理解できますが、それと同時に、いずれの理由にしても、謝罪をしてきたという行為そのもの、そして、その勇気は受け止めてあげてください。

いかなる理由であっても、頭を下げるという行為は、人間として未熟な人にはできないことですから。

そして、あなたが大切だからこそ、謝ってきているというのも事実です。

もし、あなたがどうでもいい相手なら、謝ろうという意欲もわきませんし、意欲があっても、行動を起こせるのかどうかとなると、別ですしね。

だからこそ、謝罪してきたというその行動の背景にあるものは、一度受け止めてあげてください。

元カレさんの本当の気持ちを知るチャンス

元カレさんの本当の気持ちは何なのか。
いざ謝罪をされてみてふとよぎる疑問だと思います。

なぜ今ごろ?本当に反省しているの?また同じ事を繰り返すのでは?

嬉しい気持ちが大きい時ほど、色々と悩みが出てくるものです。
これは復縁あるあるの1つですから仕方がありません。

戻れる喜びは、また失うかもしれない怖さ、傷つくかもしれない不安を同時に生産しますので、どうしても悩んでしまいます。

だからこそ、謝罪をしてくれたこのタイミングに、元カレさんの本当の気持ちを確かめておく事をオススメします。

元カレさんが何かアクションを取ってきたという事は、必ず何か理由があります。

そして、それは元カレさんにしかわかりません。
ここで書いている事は、よくあるケースに当てはめて、その真意を推測、分析するためのものであって、絶対的な正解というわけではありません。

だからこそ、元カレさんの気持ちを知るという事を諦めずに、そして、元カレさんの気持ちを知るキッカケとして、このタイミングを活かしてほしいな・・・と思います。

もしかしたら、後々になって、「あれは復縁のチャンスだったかも・・・」と後悔するような事にもなりかねませんから。