スポンサーリンク

音信不通になった元彼との復縁の可能性を落とさないコツ

元カレとの連絡

「連絡がつかない・・・どうして?」
もうこれって復縁できないってこと・・・?

そう思った瞬間から、不安で頭がいっぱいになり、相手の状況や心理を知りたくて仕方がない。

今のあなたもそうなっていませんか?
そんな今だからこそ、あなたに考えてみて欲しい事があります。

特に・・・

  • 音信不通状態の元カレに対して出来るベストな行動は何?
  • 元カレはどういうつもりで音信不通にしてるの?
  • 今とこれからの時間を無駄にしないためには・・・

そのような事で悩まれているのなら、そこから抜け出すヒントになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

音信不通になる2つのケース

復縁したい相手が音信不通になる理由や状況は様々ですが、なぜ音信不通になったのかと考えると、大きく分けて2つのケースに絞られます。

  • 物理的に音信不通になったケース
  • 意図的に音信不通になったケース

この2つです。

例えば、スマホを紛失した事によって連絡が取れないという物理的に音信不通になったケースも可能性としてはあり得ますし、あなたとの連絡を断ちたいという意思表示としての音信不通状態もあり得ます。

難しいのは、どちらの理由なのかが分からないということです。

また、音信不通と言えども、あなたからの連絡を受け容れているが、それに返信しないというケースのモノもあり得ます。

つまり、次の2つを軸にして音信不通状態の今のあなたの状況から元カレの気持ちを分析し、あなたが後悔しないための行動を取る事が今求められています。

  • 意図的に音信不通にしたのか、物理的に音信普通状態なのか
  • 返信をしないのか、受信すらもしないのか

この2つの軸で考えられる4つのケースから、今のあなたはどういう状況に置かれていて、そして、どうすればいいのかを考えてみてください。

音信不通の4つの状況を分析する

音信不通状態になっている今の状況を2つの軸で区切ると、次の4つのパターンがそこに見えてきます。

着信拒否返信なし
意図的
物理的

この4つのパターンです。

それぞれの状況によって考えられる事、想定される事が変わってきますので、それに合わせた対応というものが必要になります。

復縁につながる対応をするためにも、今のあなたの状況を正しく捉える事から先ずは始めてみてほしいな・・・と思いますので、それぞれの状況について、もう少し掘り下げたいと思います。

A 意図的に着信拒否にして音信不通状態になっている

電話をしても通じない、ラインをしても既読はつかない・・・明らかにこちらからの連絡をシャットアウトしているという意思が見られるパターンです。

この状況で出来る事は・・・残念ながらありません。

着信を意図的に拒否しているのに、そこをかいくぐるかのように連絡をしたとしても、それは元カレさんにはただただ恐怖です。更に拒否される事はあっても、「嬉しい!」とは、まずなりません。

何もしない事が、実はもっとも効果的な対応になる事が多いパターンです。

B 物理的に着信拒否状態になっている

携帯電話の料金を支払っていないために電話が止まっていたり、電話番号を変えたけど、あなたにその事を伝えていないので、結果的に通じない状態になっている。

このような、元カレさんの明確な意志であなたを避けているわけではなく、結果的に音信普通になったケースというものがあります。

このケースは、間接的なつながりをもつ友人や知人の存在がカギを握ってきます。

もし、間接的な友人や知人が居て、その人が元カレさんの状況を把握していれば、電話が止まっていたり、番号が変わったりなどの事情を知ることもできます。

そのような間接的なつながりがある友人知人がいない場合は、元カレさんからの連絡を待つというのがベストな方法になってきます。

C 意図的に返信しない状況になっている

電話はコールがなるし、ラインは既読がつく。
でも、返信が無いという意味での音信不通状態というものがあります。

この状況が、一番ヤキモキするかもしれません。

そして、これには良い方向で捉えるのか、悪い方向で捉えるのかで意味が全然変わってきます。

良い面で言えば、着信拒否をしていないということ。明確にあなたを避けようとしているわけではないという見方もできます。

悪い面で言えば、あなたからの何らかのアクションが元カレさんの想定内だということです。別れて未練がある人は、そういう事をしてくるよね。でも、それにイチイチ対応せずに放置しておこう・・・と決めてしまっているということです。

D 物理的に返信できない状況になっている

事故や病気で入院していて返信ができない状況になっていたり、仕事が忙しすぎて返信できない状況であったり、身内の事で大変で返信ができない状況であったりと、物理的に返信ができないという状況も考えられます。

一言で言えば「それどころじゃない」という状況です。

このような状況で返信を急かしても、良い方向に行く事はありませんので、ジッと待つのがベストです。

音信不通状態にある時は復縁の可能性を・・・

音信不通状態で考えられる4つのケースをご覧いただいて、どう感じましたか?

「私はこのケースかも・・・」と思い当たるものが1つはあったと思います。

そして、4つのケースをご覧いただいて、感じたことや気付いた事もあったんじゃないかな・・・と思うのです。

特に次のような点はあなたも既にお気づきだと思いますし、音信不通という状況においては、是非考えておいて欲しいポイントでもあります。

”待つ”という選択肢がベストになってくる

音信不通の状況において、”さらに連絡する”という事がいい方向に行く事は、まずありません。

例えば、元カレさんが仕事で忙しくて、あなたへの返信が後回しになっているとします。

その時に何度も何度も連絡が来ると、元カレさんはどう感じるでしょうか?
ちょっと待ってくれよ・・・と思ったり、うざ・・・と感じたりするかもしれません。

もし、着信拒否状態にあるのなら、なおさらです。

今の携帯番号は着信拒否されているので・・・ってことで、新しい電話番号に変えて連絡すれば、繋がる事は繋がります。でも、そこで元カレさんはどう感じるでしょう?

拒否をしているという事は、拒否をするなりの理由があります。

いずれのケースも、音信不通状態の中で”連絡する”という事が良い方向に行く事はありません。

”待つ”という選択肢を取る事が、復縁につながる行動になってきます。

待てる女になるという事を意識する

音信不通状態で、元カレに連絡をしたとしてもそれが良い方向に行かないので待つ事にした。

その決断の次にあるのは、”ただ待つ”という行動ではなく、”待てる女”になる事であり、理想は”待たせたくない女”になるということです。

「着信がくればスグに取れる状態で待つ」というのをイメージするのではなくて、久々に連絡をしてきた元カレが、”あれ・・・”と感じるぐらいの新しい魅力を身につけるために、”待つ時間”をつかうといイメージを持ってほしいんです。

理想を言えば、元カレさんが”こんないい女を待たせ続けると他の男に取られる!”と焦るぐらいに女になるための期間だと捉えてほしいな・・・と思うのです。

連絡をしてきたらホイホイ言う事を聞く女は、それはいい女じゃなくて、都合の”いい”女ですからね。

連絡を待つ。
待っている間に自分を磨いて、本当のいい女になってしまう。

そういう意識へと持っていてほしいな・・・と思うのです。

元カレと音信不通状態になると復縁は終わりなのか

音信不通状態が長く続いているな・・・と感じると、そこで復縁の終わりを感じるようになるかもしれません。

そこでどんな結論を出すのかは、あなた次第だという事は覚えておいてください。

音信不通状態が続いているから、諦めて他に行く。
そう決めるのはあなたですし、まだ頑張ろう!と意欲を燃やすのも、あなたの決断次第です。

状況がどうであれ、その状況に対して、あなたが出した答えが何か。

これが大切ですからね。

元カレさんが意図的に音信不通にしていても、それは、一時の感情的な行動という事もあります。

時間が経ち、少し気持ちが落ち着いた時に「あの人どうしてるかな・・・」と思う日が来るというのはよくある事です。

そういう日が来る事を楽しみにして生きるというのも一つです。そこに正解はありません。

そういう意味でも、最後はあなたがどうするのかを決める権利を持っているのだという事は忘れないでください。

そうすれば、復縁の可能性を下げるような行動を取らないようにもなるはずですよ。